早春

03 10, 2017
絶好のキャンプ日和に恵まれ、久々のファミリー2組と秋葉神社前に遠征。
現地入り予定時間を大幅に遅れ、テントも張らず、料理もお任せという、
なんとも呆れはてたヤツにも、皆さんやさしくご飯を食べさせてくれた。
とくに定評のGOMEカレーは安定の旨さ! ほど良い辛さが絶妙であった。
そして、鴨肉入りのIZZY鍋には驚いた。これぞ想定外のおいしさだった(笑)
秋葉2
薪ストーブをインした大型TIPIは終始快適だった。
これでお手製ビーフシチューがあれば完璧だったなあ(笑)

それにしても・・・IZZY家は会うたびにおしゃれアイテムが増えている(笑)
秋葉前
なにかと可愛いコウ。
キャラの変わったカズトラ。
ふたりのタッグには誰も勝てないね。
朝からハイテンションの2人に、朝練でしごかれる二日酔い気味のお父さんたち(笑)

それはさておき、ほんとにごちそうさまでした!
またよろしくお願いします!
浪合
と、いうまに2月も終わり、早や3月。
解禁された川を目指したものの、残雪に阻まれ、目的の谷にたどり着くことさえ出来なかった。
ま、きれいな川の水を見るだけで満足だけどね。
浪合川渕
きのうはバターナイフの引き合いがあったオリジナル家具のショップで打ち合わせ。
結果、10本を納品した。
ちなみにバターナイフを置いたトレーの下のテーブル、脚のストッパーのギミックがなかなか面白い。
キャンプで使うにはもったいないほどのクオリティーも素晴らしい。
haruba.jpg

スポンサーサイト
0 CommentsPosted in camp

牡蠣キャンプ

02 06, 2017
待望の牡蠣キャンプ。
山は抜けるような青空でおじさんたちを歓迎してくれた!
ほんと、もう、これ以上ないくらいの超青空(笑)

山びこ

久々のオデッセイを設営。
しばし鑑賞、撮影したら翌日の雨予報を踏まえ、速攻撤収!
なんの躊躇もなく、車中泊に切り替えた。
これで正しいキャンプと言えるのか。
いいのだ。楽しければ。

オデッセイ

三時のおやつは利益還元ショッピングしてきた苺のショートケーキ。
おじさん三人と苺のショートケーキ・・・。
カワイイというほかない(笑)

ケーキ

日が落ち、薪ストーブに火が入り、いよいよ牡蠣タイム!
あの有名な的矢の牡蠣である!
海水から殺菌された、生でOKの牡蠣である!
もちろん生で、焼きで、蒸しで、牡蠣三昧である!
去年、浦村の牡蠣にあたったトラウマなどどこへやらである(笑)

牡蠣

ぬくぬくのシェルターで、情報交換もヒートアップした。
勉強になることもたくさんあった。



翌朝は早々に撤収。
寄り道しながらの下道ドライブで無事帰宅となった。

取り急ぎ2連投ということで以下省略(笑)



2 CommentsPosted in camp

薪活その2

02 06, 2017
庭に玉切りしたコナラが山積みになるとともに疲れもたまってきた。
もう太い幹の部分を運ぶのはキツイ。

枝薪

そこで、薪活6日目は枝の部分だけを収穫して疲労回復を図った。

それでも太い枝はけっこうな重さがあるので楽な仕事じゃない。
欲張ってたくさん収穫しようとするから、なおさらだ。

枝薪2

そんな疲れを一杯のコーヒーが癒してくれる。と思う(笑)
積込みを終えて飲むコーヒーは、お手軽ドリップパックでもうまい。

枝薪3

薪棚に入りきれないくらいのコナラも集まったし、今回はこれでひと区切り。
新しく見つけた伐採現場は改めて覗いてみよう。

薪活

01 30, 2017
正月に日間賀島に行く途中で見つけた伐採現場。
コナラのような木が倒されていたのが気になって仕方なかった。
薪棚も空いてきたし、このへんで本気出して薪活しないと再来年の薪がない・・・。

そんなプレッシャーとともにモチベーションを高め、いざ現場へ!
某施設に隣接しているので、まずその施設に行ってみた。
菜々緒似のお嬢さんが対応してくれて、担当者につないでくれた。
結果、その施設の所有地ではないものの、作業している業者に聞いてみたら?ということになった。
ここでちょっと心が折れかかった(笑)
薪活1
薪活2
日を改め、気合いを入れ直し、再び現場に向かった。
勇気を出して、ユンボで作業していたおじさんに声をかけ、運良くコナラその他の確保に成功した!
ダメ元とはいうものの、こういう交渉はほんと苦手(笑)

鉄は熱いうちに打て。コナラは伐りたてを割れ。
すぐにチェーンソーを取りに帰り、その日のうちにワゴン一車分を収穫した。
薪活3
持ち帰ったコナラを庭に積み上げ、眺める、至福のひと時。
心は癒されるが、体力的にはかなりのダメージ。
刻んだ玉一つが30キロ超はあるので、運動不足の身体には負荷が大きすぎる。
薪活4
筋肉痛と戦いながらの2日目を無事に終え、3日目はさすがに積み残した分を運ぶだけで体力の限界(笑)
薪活5
4日目は一人では運べない超ヘビー級のコナラを10個収穫。
クルマから下すのもたいへんな作業になった。
5日目はその教訓を生かし、現場で四つ割りにして収穫した。

というわけで、今日明日は体力回復を願って中休み。
きのうは今の現場の近くに搬出のラクそうな伐採現場も見つかった。
あるところにはあるもんだね(笑)

フグ刺し

01 07, 2017
1日はごろごろ、2日はヨソ孫対応、3日から1泊で日間賀島へ。
目的はフグ刺し、ただそれだけ。

予約した料理の中にフグ刺しが入ってないのが発覚したのが、行く前の日!
フグ刺しのない日間賀島なんて日間賀島ではない(笑)
すぐに電話してフグ刺しコースに変更してもらった。

かくしてやっつけたフグ刺しは、ことのほか美味であった。

あと今年の課題は、的矢の牡蠣。
それと、ふもとっぱらでゴチになったラムチョップとの再会(笑)

フグ刺し
0 CommentsPosted in days

謹賀新年 2017 元旦

01 01, 2017
明けましておめでとうございます。
雲ひとつない青空の正月です。

昨年は新しい楽しみが二つ増え、充実した一年を過ごすことができた。
今年もそれに磨きをかけ? ますます楽しい一年にしたい。

とりあえず最初の楽しみは春のアメリカ本土遠征。
といっても格安ツアーで、一日の平均走行距離が、なんと500キロ超!
果たして耐えられるのか?(笑)

こんな薪割通信ですが、ことしも気まぐれ更新を覗いていただければ幸いです!

サンデッキ




4 CommentsPosted in days

紅葉キャンプ

11 28, 2016
このブログで安否確認されているらしいので、たまには記事を(笑)。
といっても、先週末のキャンプはほぼ座りっぱなしで、写真はほとんどないという始末。
というわけで、とりあえずは紅葉キャンプの写真を使いまわしてお茶を濁す(笑)。

さて、つぎは忘年会キャンプ。
今度こそちゃんと写真を撮ろうね(笑)。

阿木川
0 CommentsPosted in camp

%

09 16, 2016
アラビカコーヒーの%マークに触発されて生まれた我が反転&マーク。
%のリアルをこの目で見たいと思い、京都嵐山に行ってきた。

アラビカ嵐山

桂川に面した店は、店内から渡月橋が見える抜群の立地。
国際色あふれる客が列をなし、スタッフは手を休めるひまもない様子だった。

%

お湯で薄めたアメリカーノを片手に店を出たおじさん。
フグレンと同じ方式で店の周りにしつらえられたベンチに座り、しばし川沿いを歩く観光客をウオッチングした。
意外と浴衣姿の女子が多く、目の保養になった。

設営完了

京都から北へ約2時間。
先回も間違った道を同じように間違え、通ったことあるぞ!?と思いつつ、いつものスーパーに着いた。
買い物を済ませて行った目当てのキャンプ場は断水で休業だった。

日も傾いてきたので、一番近くで行ったことのあるキャンプ場へ。

めずらしくテキパキと設営をしたものの、あたりはすでに夕闇。
テントの中にガスランタンを灯し、行灯のようになったテントを鑑賞した(笑)

コットをベンチ代わりにした幕内はなかなか快適だった。
すぐ手が届く範囲にモノがあり、Nextorchの明るさもちょうどよい広さ。
今後、MOSSより出番が多くなりそうな気がする。
アラジンも使えるしね。

海津朝

夜中にぽつぽつと降った雨もすぐにやみ、朝は陽射しものぞく曇り空。
風もなく、湖面はベタなぎだった。

ただ遠くでゴロゴロと雷の音。
ここで土砂降りなんかにあってはえらいことになる。
速攻であれこれ片付け、イスとテーブルだけにした。

で、ジャムスプーンを1本、粗削りまでやった。

タンブラー

二、三回使ったら、飽きるのが分かってても、買ってしまうミーハーのサガ(笑)






RAIS

09 04, 2016
13シーズン連れ添った愛機ヨツールF500にしばし別れを告げ、RAISと一年間過ごすことになった。
雑誌「薪ストーブライフ」のモニターとして、実際の使用感を一年間4回レポートするのだ。

ヨツールはノルウェーの生まれだったが、同じ北欧でもRAISはデンマーク生まれ。
「セレブの薪ストーブ」とか言われてるらしい。

え? 猫に小判? 豚に真珠?
ま、そういう感じ(笑)。

直線でまとめられたフォルムと格子のない大きなガラスドア。
シンプルでモダンな北欧デザインがなかなか良いではないか。

別れを告げたといっても、F500は炉台から6mほど移動しただけなんだけどね。

IMG_3581.jpg




フィッシュ・オン!

08 04, 2016
1 CommentsPosted in camp
プロフィール

Author:SG
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
リンク
カテゴリ