早春

03 10, 2017
絶好のキャンプ日和に恵まれ、久々のファミリー2組と秋葉神社前に遠征。
現地入り予定時間を大幅に遅れ、テントも張らず、料理もお任せという、
なんとも呆れはてたヤツにも、皆さんやさしくご飯を食べさせてくれた。
とくに定評のGOMEカレーは安定の旨さ! ほど良い辛さが絶妙であった。
そして、鴨肉入りのIZZY鍋には驚いた。これぞ想定外のおいしさだった(笑)
秋葉2
薪ストーブをインした大型TIPIは終始快適だった。
これでお手製ビーフシチューがあれば完璧だったなあ(笑)

それにしても・・・IZZY家は会うたびにおしゃれアイテムが増えている(笑)
秋葉前
なにかと可愛いコウ。
キャラの変わったカズトラ。
ふたりのタッグには誰も勝てないね。
朝からハイテンションの2人に、朝練でしごかれる二日酔い気味のお父さんたち(笑)

それはさておき、ほんとにごちそうさまでした!
またよろしくお願いします!
浪合
と、いうまに2月も終わり、早や3月。
解禁された川を目指したものの、残雪に阻まれ、目的の谷にたどり着くことさえ出来なかった。
ま、きれいな川の水を見るだけで満足だけどね。
浪合川渕
きのうはバターナイフの引き合いがあったオリジナル家具のショップで打ち合わせ。
結果、10本を納品した。
ちなみにバターナイフを置いたトレーの下のテーブル、脚のストッパーのギミックがなかなか面白い。
キャンプで使うにはもったいないほどのクオリティーも素晴らしい。
haruba.jpg

スポンサーサイト
0 CommentsPosted in camp

牡蠣キャンプ

02 06, 2017
待望の牡蠣キャンプ。
山は抜けるような青空でおじさんたちを歓迎してくれた!
ほんと、もう、これ以上ないくらいの超青空(笑)

山びこ

久々のオデッセイを設営。
しばし鑑賞、撮影したら翌日の雨予報を踏まえ、速攻撤収!
なんの躊躇もなく、車中泊に切り替えた。
これで正しいキャンプと言えるのか。
いいのだ。楽しければ。

オデッセイ

三時のおやつは利益還元ショッピングしてきた苺のショートケーキ。
おじさん三人と苺のショートケーキ・・・。
カワイイというほかない(笑)

ケーキ

日が落ち、薪ストーブに火が入り、いよいよ牡蠣タイム!
あの有名な的矢の牡蠣である!
海水から殺菌された、生でOKの牡蠣である!
もちろん生で、焼きで、蒸しで、牡蠣三昧である!
去年、浦村の牡蠣にあたったトラウマなどどこへやらである(笑)

牡蠣

ぬくぬくのシェルターで、情報交換もヒートアップした。
勉強になることもたくさんあった。



翌朝は早々に撤収。
寄り道しながらの下道ドライブで無事帰宅となった。

取り急ぎ2連投ということで以下省略(笑)



2 CommentsPosted in camp

紅葉キャンプ

11 28, 2016
このブログで安否確認されているらしいので、たまには記事を(笑)。
といっても、先週末のキャンプはほぼ座りっぱなしで、写真はほとんどないという始末。
というわけで、とりあえずは紅葉キャンプの写真を使いまわしてお茶を濁す(笑)。

さて、つぎは忘年会キャンプ。
今度こそちゃんと写真を撮ろうね(笑)。

阿木川
0 CommentsPosted in camp

フィッシュ・オン!

08 04, 2016
1 CommentsPosted in camp

南信州

06 24, 2016
釣りがしたくなって南信州の渓流へ。

釣果はいつものようにさっぱり、ということで写真もない。
それより、猪らしき獣の気配に恐れをなし、早々に切り上げたというのが真相(笑)
ほんとに怖かった。

しかし、あの大きな淵は絶対に再挑戦したい。
釣る前からドキドキした淵はあそこが初めてだ。
きっと尺クラスの岩魚が俺を待っている(笑)

コーヒータイム

川から上がり、BGM付きでコーヒータイム。
誰もいないキャンプ場で、レゲエの低音とともにゆるい時間を過ごした。
じじいだってレゲエ聴くもんね(笑)

炉端

あたりが暗くなるまでに、バターナイフの粗削りが出来た。

持って行った杉の端材で炉に火をおこし、手抜きディナータイム。
なにも焼かないけど、気分は炉端焼き(笑)

マッドリバー

朝。
夜の雨でキレイだった川は一変。
濁った水が逆巻く激流になっていた。

あじさい

去年も撮った153号線沿いのあじさい。
今年は田植えをしなかったそうで、青いあじさいが苗のない水田に映りいい雰囲気だった。




0 CommentsPosted in camp
プロフィール

Author:SG
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
リンク
カテゴリ