木陰キャンプ

07 13, 2015
気持ちいい木陰を求めて山のキャンプ場へ。
ダム湖は梅雨の雨を集めて満水だった。

鳳来湖07122015

今回はOUTLANDとTENTWINGの組み合わせ。
インナーを立てては一休み。
フライをかぶせては一休み、
ウイングを付けては一休み。
じっくり時間をかけて、設営⇔木陰を楽しんだ(笑)。

そうこうしているうちに夕陽が山の向こうに落ち、トワイライトタイム。
灯油のアンカーランプを灯そうにも灯油が無い。
その代わりにいい仕事をしてくれたのがMOJI。
テーブルまわりまで明るくなり、手抜き飯がうまく感じられた。
やっぱり”光はスパイス”だな(笑)。

outland+tentwing.jpg

圏外なのでIGもNG。
あとは本でも読んで寝るしかない。
これで何回目か分からんくらいの「オーパ!」を数ページ・・・・

    ☆  ☆

☆ ☆   ☆   ☆ ☆

  ☆  ☆    ☆

真っ暗な夜の底が明るくなってきた。
スマホの時計を見るとまだ5時。
眠ったのか起きてるのか分からん時間が過ぎた。

たっぷり結露したテントから抜け出したのが6時ごろ、
山から顔を出した太陽が、テントをみるみるパツンパツンにしていく。

それを見ながらコーヒーとパン。
コンビニのドリップコーヒーも山で飲むとうまい。

乾燥待ち

撤収も時間をかけてゆっくりと。

今回は自分へのお土産がある。
来る途中、製材所の端材置き場で収穫した板と角材。すべて無料、タダ、ゼロ円(笑)。
これでテーブルの天板か、YETIの台が作れそうだ。

上うな丼

〆は相方からの「蓬扇」の提案。
これで2夜連続の蒲焼き!
ただ、前夜はサンマですけどね(笑)。

サクラ天板材

お土産の板は、いつもお世話になっている木型屋さんでカットしてプレーナーにかけてもらったら、
なんとサクラの木だった!
これをYETIの台にするにはもったいない。
さて、どう仕上げるか?
お楽しみはこれからだ(笑)。




スポンサーサイト
0 CommentsPosted in camp

Previous: 海から森へ

Next: 山桜
0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
0 Trackbacks
Top
プロフィール

SG

Author:SG
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
リンク
カテゴリ